• HOME
  • NEWS
  • 障がいのある子どもたちによって運営するカフェ 「Aloha Table sharing ALOHA Spirit!」を開催いたしました。

障がいのある子どもたちによって運営するカフェ

「Aloha Table sharing ALOHA Spirit!」を開催いたしました。

B.png

10月17日(日)アロハテーブルは、就労体験カフェ「Aloha Table sharing ALOHA Spirit ! 」を実施いたしました。この日実施した就労体験には、認定NPO法人Ocean's Loveに参加している13才から21才までの、ダウン症や自閉症などの知的障がいのある子ども達10名が参加しました。

■「Aloha Table sharing ALOHA Spirit !」活動の背景
障がいのある人が地域で自立した生活を送るうえで、就労することは非常に重要です。Ocean's Loveでは
「子ども達には大人になっても笑顔溢れる毎日を送って欲しい」という願いを込め、"Ocean's Love就労支援プロジェクト「お仕事体験」"に取り組んでいます。当社は、その考え・取り組みに賛同し、ノーマライゼーションな社会実現に食を通じて貢献していきたいと考え、就労体験の機会創出に協力して今年で5回目となります。

コロナ禍で外出自粛が進み、子どもたちの新たに学ぶ機会や、社会との接点は激減しました。障がいのある子どもたちにとってはより体験の場が失われており「就労体験を通して、楽しさや大変さを感じてほしい。少しでも日常を取り戻すきっかけになれば」という思いから開催に至りました。

就労体験1.jpg

当日は、オーダー、調理、ドリンク作り、ご家族が扮するお客様のもとへ料理をお届けと飲食店での業務の一連を体験。
メニューはアロハテーブルの人気メニューであるプレミアム・ロコモコ、モチコフライドチキン・プレートを提供。飲食店にとって重要な衛生管理については、手洗いや手袋の着用などの大切さも学んでいただきました。

例年、一般のお客様を対象に行っておりますが、昨年と同様に感染症拡大防止の観点から、子どもたちのご家族の方を対象に料理提供をいたしました。

<当日の概要>
〇日時: 10月17日(日) 10:30~15:00
〇場所: アロハテーブル赤坂 (東京都港区赤坂1-7-1 赤坂榎坂ビル1F)
〇参加者:知的障がいのある子ども10名とそのご家族、ゼットンスタッフ11名
〇体験内容
・接客(オーダー、お客様へドリンク、料理の提供)
・調理(プレミアム・コモコ、モチコフライドチキン・プレート)
・ドリンク作り(ホットコーヒー、アイスコーヒー、オレンジジュース、ウーロン茶、レモネード)

<体験工程>
①お客様にメニューを説明する
②料理とドリンクの注文を聞く
③注文を伝票に書く
④ドリンクを作る
⑤ドリンクをお客様に出す
⑥料理を作る
⑦料理をお客様に出す。

就労体験2.jpg

■体験を終えた子どもたち、ご参加いただいたご家族からの感想の一部を紹介

・お客様に食べ物や、飲み物を出す時も、初対面なので緊張しましたが楽しかった。
・料理を盛り付けるのが難しかった。
・子供のユニフォーム姿に感動しました。将来に向けてゆっくりと色々な経験をしてほしいです。
・子供がとても嬉しそうにできた食事を運ぶ姿が印象的でした。
・憧れのカフェ店員を実際に体験できたことで本人も喜んでいましたし自身にもつながったと思います。一つ成長できた姿を見れたことは親として大変大きな喜びです。
・お金や働くことに少しずつ興味が生まれているので、この経験から人のために丁寧に気持ちを込めてできるようになってほしいと思います。

■就労体験を終えて
子どもたちはこの就労体験を本当に楽しみにしてくれていたようで、事前に渡したスケジュール、お仕事マニュアルを何度も読み返したり、予習のため家で料理の練習をしてくれていたそうです。
当日、上手にできなく悔しそうな表情をしながらもゆっくり少しずつでもチャレンジしようとする姿や楽しそうな笑顔、親御さんの心配そうに見守りながらもできたときの嬉しそうな微笑みに、私たちスタッフも心が温まり元気をもらうことが出来ました。

この就労体験が子どもたちにとって、ご家族にとって明るい未来に少しでも繋がることを祈ると共に、私たちスタッフも障がいに対す理解や知識を深めるきっかけになるよう、引き続き就労体験の機会を作っていきたいと思っております。


Ocean's Loveとは・・・

アンジェラ・磨紀・バーノンをはじめとするプロサーファーや、プロボディーボーダー達が、全国各地で障がいのある子ども達を対象に地域の方々のサポートのもと行っているサーフィンスクール。サーフィンを通じて社会とのコミュニケーションを図り、自然と触れ合いながら感情あふれる健やかな成人になって欲しい、地域の方々と共にサーフィンスクールを行うことで、障がいを持つ人達やご家族への理解を深め、差別のない住みやすい地域社会になって欲しいという願いを込め活動をしています。

オフィシャルHP>>>